「買い物毎日・まるや」は
2017年9月30日をもちまして閉店致します


謹啓
 猛暑の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 上諏訪駅前の開発が進み、居住棟・商業施設の建設が確定されたことを受け、「まるや」の今後のあり方について理事会を始め、まるやを管轄する南信事業本部、諏訪事業所の基幹会議でも検討を重ねてきました。
 この間「まるや」は、温泉寺でのこども食堂の定期的開催、諏訪市と連携したフードドライブ、諏訪市内での出張販売の実施など、即事業にならなくても地域に必要な活動である「社会連帯活動」を積極的に行い、地域の必要に応える取組を展開してきました。
これらの地域とのかかわりをどう事業化するかは、引き続く課題となりますが、「まるや」が駅前で小売業を行い、かつ買物に不自由を抱える地域の人々の期待に応える役割は終わったと判断し、9月末日をもって閉店するという結果に至りました。
 今日まで「まるや」をご愛顧いただきましたことに対して、改めて深く御礼申し上げます。
 まずは、書中をもって略儀ながらご挨拶申し上げます。
謹白


経過
 高齢化や地域の商店街の衰退などで毎日の買い物に困窮する「買い物弱者」「買い物難民」が社会問題化する中で、買い物の交通手段がない高齢買い物難民は長野県内に5万2千人から8万人いるとの推計結果が、県が初めて行った買い物環境に関するアンケートで明らかになりました。
 さらに日常の買い物に困難を感じる広義の買い物弱者は老年人口(65歳以上)のおよそ4割にあたる19万3千人から23万1千人いると推計され、山間地が多い県内の深刻な買い物事情が浮き彫りになりました。
 上諏訪駅周辺では65歳以上の買い物弱者が1100人いると言われており、こうした買い物弱者の支援をはかる事を目的に、2011年2月21日、スワプラザ1階において開店しました。

その後、駅前の再開発の具体化に向け、スワプラザの解体が進められることになり、2014年12月末に一旦閉店し、諏訪市商工会のご協力もいただき、国道向かいのビルにて2015年8月8日に再オープンを果たしました。

 地域の商店が衰退し、交通手段の無い高齢者や、冬の間雪に閉ざされる地域などでは、買い物弱者問題は深刻な問題となっており、地域の商店や自治体とも連携しながら、出張販売も開始。地元の区長さんをはじめ、住民の皆様の温かいご厚意により、移動販売の場所も準備していただき、10地区を越えて広がってきました。
 販売に十分な車両もなく、自家用車に積み込み、スタッフは社会連帯活動のボランティアとして献身的に取り組みました。
 9月30日の閉店以降も、なんとか移動販売は継続したいと考えていますが、そのためには倉庫、駐車場、移動販売に使える車両が必要となっており、皆様からの情報がありましたら、「まるや」か、南信事業本部までご連絡をお願い致します。

 「フードドライブ」は、諏訪市役所からの呼びかけにより一緒に取り組み、継続的に実施していくため、開催場所を市役所から「まるや」にて引き継いで行ってきました。
 ここで寄せられた食品は、生活に困窮されている方の支援機関や、子ども食堂に使ってほしいという方のご意向に沿い、活用させていただきました。
 フードドライブの継続につきましても、実施場所が特定できれば継続していきたいと考えておりますが、まだ確定しておりません。

「諏訪温泉寺子ども食堂」は、引き続きまるやスタッフも協力してできないか検討していきます。

 このように、地域の皆様の温かいご協力と、善意をつなぐ役割を果たし、奮闘して参りましたが、地域の共同財産としての「まるや」の実現は道半ばのまま、大変残念な結果となりました。
 しかし、労協ながのとしては、引き続き困難を抱える方々とともに、必要な仕事をおこしを、諏訪地域の皆様とともに、住み良い地域、働きがいのある仕事おこしを創造して参ります。

 労協ながの 直営店「まるや」
    営業時間 午前10時から19時
    TEL 0266-52-5766
    諏訪市諏訪1丁目2−9 柳口ビル1F
    アクセス JR上諏訪駅前(徒歩3分)
    
  労協ながの 南信事業本部
  
 〒399-4601 上伊那郡箕輪町中箕輪7942−1
   電話 0265-70-8529  FAX0265-96-7703